知らないと損する!自動車保険途中解約の全知識と手続方法

卒業証書の画像

「他社で見積もりを取ったら今より安かった!」

「事故対応やサービスが悪くて不満!」

自動車保険の途中解約を考える方は、皆さん今の保険会社に不満を持っています。

満期日まで待って保険会社を変えた方がリスクはありませんが、他に安くてサービスの良い保険会社が見つかれば、今すぐ契約を移したくなりますよね。

しかし、何も対策をせず途中解約してしまうと、取り返しのつかない損をしてしまうかもしれません。

途中解約で考えられるリスク

  • 等級の進みが遅れ、最大1年間無駄になる
  • 等級が6等級に戻り、保険料が大幅に上がる
  • 解約返戻金は支払った保険料より減額される

これらのリスクから、見積りで安い保険会社に乗り換えても、結果的に乗り換え前よりお金がかかってしまう可能性も。

しかし、正しく対策をすればこれらのリスクを避けることも可能です。

このページでは、自動車保険の途中解約のリスクとその対策、具体的な手続き方法など、損をせず途中解約を成功させる方法を解説します

自動車保険の途中解約による等級への影響

自動車保険を途中解約すると、等級に悪影響が出る場合があります。

等級とは自動車保険の保険料を決める要素の一つで、等級が高いほど割引率が高くなり保険料が割安になります。

等級は6等級からスタートし、1年間無事故なら1等級進み、事故などで保険を使用すると3等級下がります。最大の20等級では63%も保険料が減額されます。

高い等級は優良運転者の証であり、見えない財産と言えるでしょう。

途中解約すると、等級に以下のデメリットが発生する場合があります。

  • 等級の進みが遅れる
  • 等級が初期化される

それぞれの詳細と対処法について解説します。

【自動車保険途中解約デメリット1】等級の進みが遅れる

自動車保険を途中解約してしまうと、等級の進みが遅れることがあります。

例えば満期日が6月1日の場合、満期日の6月1日になると等級が進みます。

しかし4月1日に途中解約し、そのまま新しい自動車保険に加入すると、等級は新しい満期日である翌年4月1日まで進みません。

この場合、等級の面で10カ月無駄にしたことになります。

こういった途中解約での等級面での不利をカバーする、「保険期間通算特則」というものがあります。

【対策】保険期間通算特則があれば途中解約しても等級は進む

保険期間通算特則とはどういったものでしょうか?

保険期間通算特則とは?
途中解約後も、解約前の満期日を基準に等級を変更する制度

この場合、先ほどの例のように満期日が6月1日で4月1日に途中解約しても、6月1日に等級が進み、等級の面では一切損をしません。

乗り換え先の保険会社に「保険期間通算特則」があるか、予め確認を取ると安心です。

保険期間通算特則がある保険会社(2019年4月時点)

  • 東京海上日動
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 三井住友海上
  • あいおいニッセイ同和

保険期間通算特則がない保険会社(2019年4月時点)

  • セゾン自動車火災
  • イーデザイン損保
  • アクサダイレクト
  • ソニー損保
  • 三井ダイレクト
  • SBI損害保険
  • チューリッヒ

続いては、自動車保険の途中解約による等級の初期化について説明します。

【自動車保険途中解約デメリット2】等級が初期化される

自動車保険の解約後、一週間以内に新しい自動車保険契約を開始しなかった場合は等級が初期化し6等級に戻ってしまいます。

等級 割引率
20等級 ▲63%
19等級 ▲55%
18等級 ▲54%
17等級 ▲53%
16等級 ▲52%
15等級 ▲51%
14等級 ▲50%
13等級 ▲49%
12等級 ▲48%
11等級 ▲47%
10等級 ▲45%
9等級 ▲43%
8等級 ▲40%
7等級 ▲30%
6等級 ▲19%
5等級 ▲13%
4等級 ▲2%
3等級 +12%
2等級 +28%
1等級 +64%

損害保険料率算出機構発表 自動車保険参考純率改定説明資料(詳細版)参考

等級が減ると割引率も大きく変わり、20等級の63%から6等級の19%になると、40%以上も割引率が減少し家計の大きな負担になりかねません。

これを避けるためには、途中解約後1週間以内に新規自動車保険を開始するか、中断証明書を発行する必要があります。

【対策】中断証明書の発行で等級は保存できる

中断証明書を発行すれば等級を最大10年間保存でき、新しく自動車保険を契約する場合、中断前の等級からスタートできます。

中断証明書とは?
契約している自動車の廃車、譲渡、車検切れ、契約者の海外渡航等に伴い、契約している自動車保険を一時的に中断する場合に申請により発行される証明書

中断証明書の発行期限は自動車保険の満期日・解約日から13ヶ月以内(2019年4月時点)です。

保険会社によっては特別な理由がなければ中断証明書を発行できない場合があるので、海外へ行ったり自動車を廃棄するなど、しばらく自動車保険を利用しないなら、解約前に早めに問い合わせましょう。

自動車保険の途中解約による解約返戻金について

続いては、途中解約による解約返戻金について解説します。

解約返戻金とは?
保険を解約することで払い戻されるお金のこと

まず初めに、解約返戻金が発生するのは一括払いのみです。月額払いの場合は解約返戻金は発生しません。

一般的に自動車保険の解約返戻金は、支払った保険料と「短期(料)率」で計算されます。

短期率とは?
短期率は途中解約する場合に、解約返戻金を計算するために使われる係数のこと

短期率は一般的には以下の表の通りですが、解約する場合には契約している保険会社に確認することをおすすめします。

既経過期間 短期率
7日まで 10%
15日まで 15%
1ヶ月まで 25%
2ヶ月まで 35%
3ヶ月まで 45%
4ヶ月まで 55%
5ヶ月まで 65%
6ヶ月まで 70%
7ヶ月まで 75%
8ヶ月まで 80%
9ヶ月まで 85%
10ヶ月まで 90%
11ヶ月まで 95%
12ヶ月まで 100%

例えば、保険料を10万円支払って3カ月前に解約すると、解約返戻金の計算は次のとおりになります。

解約返戻金の計算例

払込済み保険料 解約日 短期率 解約返戻金
100,000円 満期日の3ヵ月前 45% 45,000円

100,000円 ー (100,000円×45%)=45,000円

短期率は、保険始期の日付の次の日に更新されます。

例えば5月10日が保険始期日の1年更新契約で、翌年2月に解約する場合は次のとおりになります。

短期率の適用例

払込済み保険料:10万円
保険始期日:5月10日
保険解約日 短期率 解約返戻金
2月10日 45% 45,000円
2月11日 35% 35,000円

この例ですと、1日遅れるだけで1万円も解約返戻金が減ってしまいます。

自動車保険を途中解約する場合は、解約返戻金の額も考慮に入れて解約時期を決めましょう。

とはいえ支払った保険料の全額が戻ってくる訳ではないので、満期日まで待ってから乗り換えるのが一番得と言えるでしょう。

失敗しない自動車保険途中解約の方法

それでは次に、具体的な自動車保険の途中解約の方法についてご説明します。

途中解約を行う場合の手続きは以下の流れです。

STEP.1
契約することを伝える
乗り換え先の保険会社に、他社から乗り換えて契約することを伝える
STEP.2
解約することを伝える
契約中の保険会社や代理店に、電ウェアなどで解約することを伝える
STEP.3
解約の手続きを行う
契約中の保険会社から送られてくる書類に記入・返送し、解約の準備を行う
STEP.4
契約の手続きを行う
現契約の解約日と、新契約の始期日が同じ日になるよう、乗り換え先の保険会社に申込み手続きをする
STEP.5
乗り換え手続き完了!
乗り換え先の保険会社に保険料を支払う

基本的に「STEP.2:解約することを伝える」まで行えば保険会社がサポートしてくれますが、以下のことに注意すれば失敗せず乗り換えられます。

  • 解約の電話は遅くとも始期日の3日前までに行う
  • 中断証明書が必要か確認し、必要なら契約中の保険会社に申請する
  • 解約返戻金の額について確認する

1つ目の解約の電話は厳密には前日でも問題ないのですが、保険会社や代理店の処理が遅れ、解約希望日に間に合わないケースがありますので早めに連絡しましょう。

保険会社の中には、解約の電話をするとその場で解約手続きが完了するところもありますので、代理店から契約していても、解約は保険会社に電話することをおすすめします。

満期日で乗り換えるときの注意点
自動車保険に「自動継続特約」がついていたら、満期日に契約が自動更新されてしまいます。保険会社にあらかじめ満期日に保険を解約する旨を伝えておきましょう。

失敗しない自動車保険途中解約まとめ

自動車保険の途中解約はデメリットもありますが、対策をしっかり行えば、損をせずに乗り換えられます。

これまで紹介した方法なら、失敗せず自動車保険を乗り換えられますので、ぜひご参考下さい。

また、一番保険料が安い自動車保険を探しているなら、保険の窓口インズウェブを使えば、5分ほどで調べられます。

利用者は平均で3万円以上も保険料が安くなっており、営業も一切なく、利用者全員プレゼントもあるので、ぜひご利用ください。もちろん使用料は完全無料です。

保険料が3万円安くなる!保険の窓口インズウェブの使い方【画像付き】

コメントを残す